今人気で押さえておきたい無線LAN
2020年5月24日

Wifiが届きにくい環境では中継器が活躍します

インターネットを利用するにあたって、ケーブルではなくWifiで電波の届く範囲を広げて無線でインターネットを使う方が増加しています。

以前はケーブルに接続することが前提にあり、パソコンには必需品として用いられてきた背景があります。現在はスマートホンやテレビなどでもインターネットにつなぐことが普通に行われているので、複数台の機器類を同時にインターネットを自由に使えるようにするには、Wifiは欠かせないものとなりつつあります。

自宅にネット回線を引いている住宅であれば、無線ランを購入するとWifi環境を作り出せますが、住宅によっては全ての室内に電波が届かない、あるいは途中で途切れてしまうという問題も決して少なくありません。途切れることなく全室に電波を通すには、中継器を購入することで全ての問題をクリアできます。中継器は2、000円台から10、000円程度の範囲で販売されているので、選ぶ際に迷いが出てしまうものですが、製品の能力は数値で記載されているので、家の構造なども鑑みて総合的な判断で選ぶことが最適です。

中継器には2つのタイプが存在しており、電源の方式をあげることができます。自宅内のコンセントに差し込んで利用する機種と、本機とケーブルで接続して利用する機種に分かれています。この選択肢は設置場所を予め確認しておくことが必要とされ、例えば階段の中間位置に取り付けたい場合で、コンセントが近くに無いという場合はケーブルタイプを選ぶこと、若しくは延長コードを用いる方法などもあり、電源確保の環境まで事前に把握しておくと失敗しません。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *